増築の費用と見積もりはいくら?初心者が始める失敗しない増築

増築に必要な費用って一体どのくらい?

増築の費用は、これから住みやすい家にするためには誰もが気になることですね。

実際に必要なお金が分からないと計画も立てようがありませんし、増築の見積もりを出されても適正価格なのかどうか、もっと安く建てられる方法があるのではないか?と疑ってしまったり不要な金銭は支払いたくないですよね。

そこで増築の費用の相場についてまとめています。

増築の費用の相場は実際に増築・リフォームに携わる施工業者の営業担当や大工さんに伺った時のトータル金額の解答です。実際に増築やリフォームをした人の支払った金額が基準ですので、増築の費用や計算の目安としてご活用していただけると思います。

広さ別増築費用と見積金額

  • 2畳の増築の場合は50万~100万
  • 4畳の増築の場合は100万~200万
  • 6畳の増築の場合は150万~300万
  • 8畳の増築の場合は200万~400万
  • 10畳の増築の場合は250万~500万

増築の費用は広さや構造によって違います。家の広さや建っている場所によっても金額は違ってきますが、大まかな費用を知ることでより増築が具体的にイメージしやすくなります。

場所別増築費用と見積金額

  • トイレ増設・位置の変更40万~
  • 風呂増設・位置の変更200万~
  • キッチン・ダイニング増設位置の変更30万~

増築をする部屋によっても金額が違ってきます。特に水回りの増築は値段が高くなります。水回りは価格を抑えにくく、水回りの予算を削りすぎると後で補修や修繕工事をする必要がでてくるので金額や手間を考えるとある程度の準備は必要です。

この金額は最低ラインと考えていただけたらと思います。想定していた金額よりもかなり高いと感じる人もいるかもしれません。よく相場を基準にして増築を考えてしまう方がいますが、予算を考えるに当たって注意していただきたいことは、相場の金額よりも高いお金を支払えば高品質な家に仕上がり、少ない予算では低品質な家になってしまう訳ではないということです。最近では増築・リフォームも多様化しており、増築・リフォームの各会社が特徴や得意な分野を持つようになりました。その中からあなたの建てたい家と合致した増築・リフォーム会社を選ぶことができれば希望の予算内で満足できる増築ができます。

capture-20160928-135454

増築の場合ほとんどが価格がないので増築をしてくれる会社に見積もりを依頼しなければ具体的な金額はわかりません。初めて増築をされる人は特に分かりにくいものです。後悔しないためにも、増築の費用の目安や仕組みや見積もりを依頼するまでの基礎、見積もりを依頼する方法、見積もりをとった後の会社の選び方などを覚えておきましょう。

増築で満足できる家をたてるには

増築の会社を選ぶ際、
多くの業者の中からどこを選べばいいのか?
自分に合った増築の会社はどこなのか?
迷ってしまう方は多いです。

もし今あなたがそのように思っているのであれば
増築会社えらびをする前に、
あなたが建てたい増築について
もっと深く考える時間を作ってみるといいのではないでしょうか?


『増築について考える』ということは、
当たり前のようですが、
案外多くの人が忘れているのではないかと思っています。

なんとなく増築をしたい。という状態で業者選びを始めると
口コミや、セールストークに惑わされることもあり、
その時の感情で増築会社を選んでしまったり、
実際には必要ない設備やオプションを付けることになって
当初の予算をオーバーしてしまうことがあります。

増築で失敗しないために当サイトで一番
お伝えしたいことは、

『自分の増築した家をしっかりとイメージしてから
増築会社を選んで欲しい』
ということです。

 

あなたやその家族は増築をすることでどれだけ快適な暮らしができるのか?
どんな増築が理想の家なのか?
このような考え方を軸にもっていると増築会社を選ぶときにも
あなたの理想の生活を叶えてくれる会社がきっと見つかります。

当サイトでは、これから増築をする方のために、
私の増築時の知識や経験を元に
増築の会社の選び方から家が完成するまでの
失敗しない方法やコツについて紹介したいと思います。

当サイトがあなたの理想の増築、家づくりのお役に立てれば
嬉しい限りです。

 

 

増築と建て替えどっちが安い?建て替え時期は?

増築と建て替えはどっちが安上がりになるのでしょうか?少し考えてみたいと思います。増築をする場合は既存の建物に対して部屋を増やします。一方で建て替えとなると全てを壊して新しく建て直す必要があります。建て増しと建て替えどっちが金額的に安いのかというとやはり増築です。

ただ家自体が古い場合は建て替えの方が安全面から考えて安心できますね。ではどんな時に建て替えをした方がいいのかというと、部屋の天井や壁が老朽化している場合です。天井から雨漏りがしたり、壁がはがれおちたりしていないのかまずは確認してみましょう。特に戸建ての古い家の場合は、建て変えた方がいいケースもあります。ただ天井の老朽を確認しにくいのが、吹き抜けの場合です。

最近では玄関を吹き抜けにしているケースもあるので、天井の傷みが見つけにくいことがあります。吹き抜けにすることで自然な風が入って家全体が丈夫で長持ちしますが、あまりにも年数が経過しすぎると注意が必要です。